Kogure Kaho

小暮香帆 新作ソロ
「ユートピア」

日時 2017年11月23日(木・祝)19:30 開演(開場は開演の30分前)
会場 六本木スーパー・デラックス

珪化木という、樹木の化石がある。膨大な年月をかけて、樹木は地中で物質を変化させ、かたちそのままに石となる。

小暮香帆の身体表現は、今目の前に生きながら、あらゆるときの示準化石のように、物語のありかを静かに示し、ひとたび地層から身体ごと溶け出すと、植物へ女へ景色へ変容し、舞台上に現れる。『ユートピア』の一端を描きながら、目撃しようと思う。

中山晃子(画家)

  • 振付・構成・出演:小暮香帆
  • Alive Painting:中山晃子
  • 舞台監督・音響:相川貴
  • 照明:久津美太地
  • 衣装:小暮史人(Design Complicity)
  • 宣伝美術:千葉絵理
  • 写真:金子愛帆
  • 映像撮影:FILM SESSIONS
  • 協力:六本木スーパー・デラックス、昆野立、鈴木規文、前澤秀登
  • 主催:小暮香帆

チケット

全席自由(2017年9月23日(土)発売開始)
前売 2500円(+1drink 700円)
当日 2800円(+1drink 700円)

ご予約・お問い合わせ



小暮香帆 Kogure Kaho

ダンサー、振付家。1989年生まれ。これまで笠井叡、笠井瑞丈×上村なおか、M-laboratory、Dance Theatre LUDENS、岩渕貞太、近藤良平など多数振付家作品に出演。ダンサーとして海外ツアーに参加。2012年よりソロ活動を開始。ソロ公演「遥かエリチェ」(2013)、「ミモザ」(2015)を上演し、国内外で活動する。また舞台のみならず様々なアーティストとのセッション、映画、MVに出演するなど活動は多岐にわたる。2012年日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。第二回セッションベスト賞受賞。横浜ダンスコレクションR2015コンペディションⅠ奨励賞受賞。めぐりめぐるものを大切にして踊っている。

http://kogurekaho.com